任意整理

任意整理(債務整理)について

投稿日:

任意整理をする時

任意整理(債務整理)をしなければならない時は、借金が膨れ上がり、返済が不能になったような場合です。借金の返済ができなければ、債権者からの取り立ても厳しくなりますので、普通の穏やかな生活ができなくなってしまいます。ですから、そのような際には、弁護士や司法書士にお願いをして、借金を圧縮してもらうとともに、取り立てを禁じるようにすることができるのです。任意整理については、裁判所などの法定の手続きを必要とせずに、弁護士や司法書士が債権者と交渉をして、借金を圧縮する方法です。従って、弁護士や司法書士の交渉能力が大切になります。基本的には、過払い請求の分の再計算をして、本来支払わなければならない金額を出して、それを決められた期間内に返済をすることになります。弁護士や司法書士の交渉次第で、どの程度、借金を少なくできるのか?金利負担分をなくしてもらえるのかなどが決まってきますので、最も弁護士や司法書士の能力が問われる債務処理の方法になります。任意整理の処理を希望される場合には、基本的には、手続き後に、しっかり返済できる収入があることが要求されます。裁判所などの法定の処理を必要としないために、最も利用しやすい債務整理の方法ではあるものの、基本的には元本分の返済を指定期間中にしっかり返済をしなければなりません。もし、返還請求額などが少なく、以降の毎月の返済額に窮するような場合には、任意整理ではなく、別の手段をとるしかないです。

 

任意整理と過払い金請求

任意整理と過払い請求は、借金を減額するという意味では同様なのですが、大きな違いがありますので、以下に説明します。まず、任意整理は借金の返済ができなくなってしまった場合に行う手続です。まずは過払い金の請求を行うことができ、過払い金の精算をすることができます。もし過払い金がありましたら、その分を残っている債務に充当することができます。従って、借金が少ないような場合には、お金が戻ってくることもあります。また、弁護士などの力を借りますと、貸金業者と交渉を行い、返済しやすい契約に変更することもでき、借金の返済がしやすくなります。一方、過払い請求は、基本的には借金の返済が終了した後に行う手続です。お金を払いすぎていた場合に返還してもらうというものです。返済の途中で過払い請求する場合は、債務整理という位置づけになります。同様の手続きのように思われがちですが、任意整理は、信用情報機関に記録が残ってしまいます。これにより他の貸金業者にも任意整理をしたことがわかるようになりますので、任意整理後にローンを組もうとしても審査に通らないことや断られる場合が多いです。一方過払い請求については信用情報機関に登録されることはありません。借金を完済していれば、貸金業者にお金を返してもらうだけです。和解で過払い金を支払う業者もいますし、訴訟になった場合でもほとんどの場合は、お金を取り戻すことができるはずです。過払い金の請求については、ご自身でも対応は可能ですが、できれば弁護士などのプロに相談される方がよろしいと思います。

 

 任意整理の難しさ

任意整理は、借金を抱えている人にとっては、返済の条件などが緩くなりますので、借金を返済するためのありがたい方法です。しかし、基本的には借金はしっかり返済することが大切なことです。ですから、弁護士や司法書士にお願いをして、任意整理をしようと思っても、貸金業者は簡単に応じてくれる場合は少ないと思った方が良いと思います。裁判所などの公的な機関を利用して、和解案を見出すのであれば、比較的容易にできるとは思うのですが、弁護士や司法書士が直接、貸金業者と交渉をして、債務者の返済条件をよりよくするものですので、なかなか債権者にとっては納得できないことが多いのです。消費者金融などの業者は、お金を融資して、その金利収入のみで、業務が成り立っていますので、当然、貸したお金はしっかり金利分も含めて、返済をしてもらわなければ、事業が成り立たなくなってしまうのです。消費者金融業車にとっては、融資をしたのに、債務者がお金を免除してくれないか?というお願いをされているようなものです。簡単に納得してもらえるものではないのは当然のことなのです。任意整理に実績があるような弁護士や司法書士ならば、なんとか任意整理の手続きを円滑にしてくれる場合もあると思うのですが、実績のないような弁護士などは、任意整理の手続きに対応してくれたとしても、債務者の要望に沿うような対応が難しい場合もあります。ですから、実績のある弁護士や司法書士に依頼することが大切なのです。

 

任意整理をする前に

任意整理をする前には、生活費を切り詰めて、しっかり返済ができるか否かをしっかり考えることが必要です。任意整理をしてしまいますと、信用情報機関に任意整理の実績が登録されてしまいますので、以降のローンなどの利用ができなくなってしまうからです。しかしながら、どうしても返済が困難になった場合には、弁護士や司法書士に代理人として、借金の圧縮や、金利の適用を避けるように対応すべきです。ご自身で対応することも出来ますが、貸金業者に相手にされない場合も多いのです。しかし、弁護士などに依頼をしますと、当然費用がかかります。ですから、どの程度の費用がかかるのかを依頼する前にしっかり把握する必要があります。そしてより良い条件の任意整理ができるためには、弁護士にご自身の借入の状況を全てしっかり説明する必要があります。その後は弁護士が債権者と交渉するために、債務者の返済が厳しくならないような和解案を作成してくれます。そして、債権者との和解が成立しましたら、契約書を改めて取り交わすことになります。そして、和解が成立しましたら、しっかり、返済をすることが必要になります。任意整理をしますと、それ以降の借入はできなくなりますので、あとは、毎月和解案に応じた、返済を必ずしなければなりません。和解案での返済もできないような場合には、あとは、自己破産の手続きをしなければならなくなります。自己破産は、借金をチャラにできる究極的な方法ですが、全ての財産を失ってしまいますので、極力避けた方がよい方法だと理解してください。

 

任意整理の注意点

任意整理をするためには、弁護士や司法書士にお願いする方法が最も良いのですが、事前に特別な準備をする必要はありません。クレジットカードやサラ金のカードなどを持参するのみです。しかし、あらかじめ対応しておいた方が良いこともありますので、以下に説明します。まず、任意整理の手続きが始まりますと、カードを利用することができなくなりますので、公共料金などをカード払いにしている場合には、銀行からの引き落としなどの支払方法に変更しなければなりません。銀行引き落としに変更をするためには、ある程度の時間がかかりますので、速やかに変更することが必要です。そして、高額な商品をカードで購入後に完済できていないような場合には、任意整理後に商品の引き上げをされる場合があります。また、連帯保証人などがいる場合には、請求が連帯保証人にされることになりますので、大きな迷惑をかけることになります。また、弁護士事務所などに相談に行く際には、現在の借金の状態を全てまとめておく必要があります。借入先や金額、借入れた時などを一覧表にすればよろしいです。借入年数については、忘れている場合もありますが、おおよそで結構です。任意整理を依頼しますと、返済が一旦ストップしますので、その分は残しておいて、毎月の収入と支出を考えて、無理のない分割払いができるように計算をすることも必要です。そして、和解が済みましたら、引き直し計算をした後の、残債を返済していくことになります。必ず返済しなければならないので、無理のないような返済計画にすることが大切です。

-任意整理

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.