債務整理

ローン借金返済の基礎知識

投稿日:

ローンの仕組み

ローンは金融機関からお金を借りることを言いますが、現在では多くの金融機関がローン商品を取り扱っており住宅ローンやマイカローンをはじめ、フリーローンやカードローンとローン商品も様々な種類があり年々多様化が進んでいます。
ローンは金融機関が融資を受けたいものに対してお金を貸し出し、貸し出したお金に一定の金利を加えた金額を返済してもらうことで貸し出したお金より返ってくるお金の方が多くなりその差額分が金融機関の収入となっています。
ローンを組んで融資を受けるにはどこの金融機関でも例外なく審査を受けることになりますが、もちろん貸し出したお金が戻ってこないのではいけないので審査を設けて返済能力の有無を見分けて、返済能力があると判断されてようやく融資を受けられることができます。
ローンとは借金ですが、ローン借金返済をするためには毎月の返済計画を立てなければなりませんが、完済までが長期間になる場合は長期の返済計画を立てる必要もありシュミレーションをして完済を目指し必要があります。
もちろん、審査に可決したあとで何らかの事情によりお金が返せなくなるといったことになる場合もあるのでその場合は債務整理をして抱えてしまった負債問題を解決しなければなりません。
このようにローンはお金を借りて、金利を上乗せたお金を返済していくことになりますが、ローンの中にも最初のまとまったお金を借りるタイプのものや必要に応じて借りるタイプのものなど種類は多数あります。

 

ローンの種類と返済方法

ローンにはマイカーローン・住宅ローン・学資ローンといったようにあらかじめ使用用途が明確になっているタイプのローンとフリーローンやカードローンのように使用用途が特別定められていないローンの二種類に大きく分けられますが、どのタイプのものも毎月一定額以上の金額を返していく方法になっています。
マイカーローンや住宅ローンのような使用用途が決まっているタイプのものは、ローンの審査を申し込みローン審査に可決されたら申し込み時に定められた融資額が所定の口座に一括で振り込まれて、毎月決まった金額の支払いで完済を目指しますが、これらの追加で融資を受けるタイプのものではないのでローンの審査に可決した時点で完済までの月日と毎月の返済額は決まっているため完済までの計画がわかりやすく可視的に把握しやすくなっています。
これらと対照的なタイプのローンがカードローンですが、カードローンの場合はあらかじめ使用用途が決まっていないので自由性の高いローンで、申し込み時に決められた金額が振込まれるのではなく、最初から決まっている融資限度額範囲内ならいつでも好きなときに融資を受け返済することが可能になっているのがカードローンの大きな特徴です。
自由性が高い反面、完済までの月日が不明瞭なためローン借金返済のシュミレーションが立てにくく、好きなときに借り入れできるということから計画を立てず必要以上に借りてしまって多重債務に陥ってしまうこともあるのがカードローンの特徴です。

 

ローンの審査

ローンを借りるためにはローンを提供している金融機関でローンの申し込みをした後、金融機関の審査を受ける必要がありますが、審査には借りるローンによって仮審査や与信審査、本審査など複数あるものもあり、すべての審査に可決してはじめて融資を受けられることができます。
ローンによって審査基準や審査基準は大きく変わりますが、どのローンを利用する場合も一定の勤労期間があり一定の収入があることはローン審査を受ける上での絶対条件となっており、年齢も成人してからの借り入れしかできないところがほとんどです。
また、ローンの申し込みをした時点で一定期間の就業期間と一定収入が申し込みをした金融機関の審査基準を満たしていたとしても、過去に金融トラブルを起こしていたことがある場合や借り入れを遅延したり完済が済んでいない場合、また申し込み時点で複数の借り入れがある場合はローン審査に通らないこともあります。
住宅ローンやマイカーローンは数週間程度審査に時間がかかる場合がありますが、カードローンやフリーローンのように速攻性に特化しているローンの場合は数日前後で審査結果がでるのが普通で、早いところでは即日融資を実現しているところもあります。
審査に可決するということは、ローン借金返済を滞りなくできると信用されているということになりますが、ローンの返済は長期に及ぶ場合が多いため収入の低下などで返済能力が著しく低下するなどから途中で返済ができなくなって債務整理をするという人が多いのも現実です。

 

ローンの金利

ローン金利とは、ローンを借りて返済するときに付加される利息ですが金融機関はこの金利による収益により運営を実現しているのですがこの金利は金融機関によって大きく変わったり、申し込むローンの種類でも大きく変わるのが普通で金利はローンを申し込む際の一つの目安となっています。
一般的に住宅ローンやマイカーローン、学資ローンといったような使用用途が決まっているローンに関しては相対的に金利が低くなっており、フリーローンやカードローンといった使用用途が決まっていないローンに関しては相対的に金利が高く設定されています。
また、消費者金融や銀行系金融機関、銀行などローンを提供している金融機関は大きく3機関ありますが、一般的に消費者金融の金利が高く銀行の金利が低いとされていますが、大手消費者金融会社のように親元が大手銀行の場合は銀行と大きく変わらない金利でローンを利用することが可能になっています。
金利はカードローンのように1日1日に付加されるものや月々で付加されるものなど、金利の計算はローンの種類によって変わりますが、ローン借金返済をシュミレーションして計画的に返済していくためには利用しているローンの金利がどのように付加されていくか、金利の支払い総額はいくらになるかなど金利に重点を置く必要があります。
特にカードローンのように完済までの日数が明確でないものに関しては、ローンの利用方法によっては多くの金利を支払うようになってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

ローンを利用するにあたっての注意点

ローンを利用する場合は金融機関からお金を借りて金利を付加して返済していくことになりますが、ローンを考える前にローンとは借金なので本当にローンを組む必要があるのかということを事前によく考えることが大事で、多重債務に陥ってしまって債務整理をして金融機関への信用を失ってしまっては、その後ローンを利用することが難しくなってしまうのでローンを借りるということがどういうことなのかということをしっかりと認識しておく必要があります。
また、ローンを申し込む場合は複数の金融機関で一度に申し込むのではなく最初に決めたところだけで審査を進めていく必要があります。同期間に複数の金融機関に申し込んだという事実があるとそれだけで審査に悪影響し、審査に否決してしまう場合があるので注意が必要です。
カードローンのようにいつでも好きな時に融資を受けられるようなタイプのローンに関しては、しっかりと返済計画を立てておかないと完済までの期間が長くなるため長期に渡って高い金利を支払うことになるのでカードローンに関しては1日でも早い完済を目指すことが大事です。
ローンを返済する過程でお金を返せなくなった場合には、周囲に相談もできずに金融機関からの催促にストレスを感じてしまい日々の生活に悪影響を与える場合がありますが、どうしても支払えなくなったときは債務整理を通して解決できる場合もあるので1人で悩まず関係機関に早い段階で相談することが大事です。

 

多重債務になる過程

多重債務とはすでに借りているお金を返済するために新しい金融機関からお金を借りることで、このような行為を繰り返していくことで支払う金利が増えていき次第に返済不能に陥っていくことで大きな社会問題にもなりました。
特に計画性のない借り入れは多重債務に陥りやすい要因の一つで、新生活がはじまるのを機に、生活用品を買い揃えるといって名目でお金を借りていたのがいつの間にか不要なものにまでお金を使ってしまい気付いた時には多重債務に陥ってしまっていたというのはよくある話です。
また、失業がきっかけで多重債務に陥るケースも多く前職で働いていたときの給料を基にローンを組んでいるので失業するということは返済するお金が無くなるということになり、生活費などの支払いなどでローンを利用して数カ月で数十万借入れるということになると返済が一層難しくなり多重債務の入口に入ってしまう場合もあります。
多重債務に陥らないためには普段からローンやキャッシングを安易に使わないということがとても重要ですが、もし借りなければならない状況になってしまった場合は借りる金額を明確にして完済までの具体的な計画を立てる必要があります。
多重債務者を減らすことを目的として法改正も進んでおり、年収の3分の1以上を借り入れできない総量規制や所得証明の提出義務など返済能力を超えた金額の借り入れを防止する取り組みが進んでいますが、借り入れできなくなった人がヤミ金融に手を出し多重債務に陥る人が増えているという現実もあります。

-債務整理

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.