債務整理

ローン借金返済のシュミレーション

投稿日:

返済計画を立てる

ローンを借りる上で最も大事なことは借りることよりも借りたお金をどのようにして返済していくかということであり、ローン借金返済を進めていく上で完済に向けた返済計画を立てることはとても重要なことだといえます。
返済計画を立てる場合には借り入れたお金をどのようにして返済していくか考える必要がありますが、借り入れたお金のことだけでなく借り入れたお金に付加される金利についても考慮する必要があります。
マイカーローンや住宅ローンのようなあらかじめ借り入れ金額が分かっていて完済までのローン借金返済回数や毎月の返済額がわかっているものに関しては、返済計画を立てる重要性はあまりなくどちらかというと毎月の支払うお金をどう捻出していくかということが大事になりますが、収入が一時的に減ったときのことなどを考えると余裕を持って返済する金額を見ておく必要があります。
また、カードローンの場合は借り入れ金額があらかじめ決まっておらず自分で借り入れ金額を決めるため最初に借りる金額を決めたらそれ以上のお金を借りないとまずは心に決めることが大事でその金額を基に完済までの計画を立てるようにします。
カードローンは数あるローンの中でも金利が相対的に高く100万円程度の借り入れの場合は金利が10数%で設定されているのが普通なので、毎月の返済金額には余裕をもたせることが大事で、毎月の必ず返済しなければならない金額に利息分くらいを付加させて返済計画を立てる必要があります。

 

ローン借金返済を早く終わらせる方法

ローン借金返済を終わらせる方法として最も有効的な方法は繰り上げ返済で、繰り上げ返済をすることで支払う金利の総額も少なくなるので完済までの期間を縮めることが可能になります。
ただし、住宅ローンのように金額が大きく返済期間が長いものに関しての繰り上げ返済は一概に良いとは言えず、住宅ローンはローンの中でも特に金利が低く設定されているため貯金を切り崩して返済するよりはお金を貯めておいて車や大きな電化製品などを購入する際にローンを組まないで購入する費用にあてる方が良い場合もあります。
そのため、繰り上げ返済で有効なものは金利が高いフリーローンのようなローン商品で金利が高ければ高いほど繰り上げ返済で返済した分の支払う金利が少なくて済みますが、カードローンのように日割りで金利が付加されるものに対しては特に繰り上げ返済が有効な手段であるのでカードローンを利用している場合は1000円でも2000円でも余裕が出来た時にすぐに口座にお金を入れるようにして完済を目指すようにしましょう。
また、一つの金融機関だけでなく複数の金融機関から借り入れがある場合は各金融機関からの借り入れをまとめて返済して借金を1本化するおまとめローンと呼ばれるローンを利用することで、返済までの計画が立てやすくなるのに加えて支払う金利は少なくなるので結果、ローン借金返済を早く行うことが可能になります。借金は早く返せるのなら早く返すべきです。しっかりと返済計画をたててからお金を借りるようにしましょう。

 

返済日の重要性

金融機関が提供するローンに関しては借り入れたお金を返済する際に毎月の決まった日に返済日が設けられている場合が多いですが、この返済日にきっちり返済することがローン借金返済をする上で大事なことであり、返済日をきっちり守っているとそれだけで信用度が増す場合があります。
ローン審査で重要なポイントになるのが、過去の返済の遅延の有無や未完済ですが反対に毎月きっちりと完済に向けて返済していた場合は金融機関利用歴の無い人に比べて信用度が高くなる場合もあるので一概に金融機関からお金を借りることがいけないということではありません。
また、ローンの種類によっては返済日に返済せずに遅延した者に対して罰則を設けている金融機関もありカードローンの罰則などでは通常の金利よりさらに高い金利の支払いが必要になるなど返済を遅延させることでさらに完済が遠のくことになってしまいます。
ローン借金返済をしていく上で大切な返済日ですが、金融機関によっては返済日の前日になるとメールが届いたり普通預金口座から期日になると自動的に引き落としをしてくれるところもあるので返済日を覚えておくことに不安がある場合はこれらのサービスをおこなっている金融機関でローンを利用するようにしましょう。
また、借り入れ・返済履歴の閲覧などもインターネットで見られるサービスを行っている金融機関もあるので返済計画を立てて返済を考えている場合はこれらのサービスを行っているところで利用するようにしましょう。

 

他社からの借り入れ

ローンを利用する上で避けたいのは複数の金融会社からの借り入れですが、過去に複数の借り入れ先がある場合は金融機関の審査に可決される確率は低くなり申し込みをした段階でも複数の金融機関からの借り入れがある場合はさらに審査に可決する可能性は低くなります。
これからローンを利用してお金を借りようとしている者にとっては複数の金融機関からの借り入れは致命的になるので避けたいところですが、複数の借り入れ先を1本化する借り換えローンやおまとめローンと言った名称のローンを利用することで一つの借り入れ先だけの返済で済む場合があります。
また、ローンの審査を申し込む際に他社からの借り入れの有無を問う項目がありますが、記入する際に嘘の申告をするのは厳禁で偽って申告した場合にはまず審査に可決されることはありません。
過去の金融機関利用履歴や現在の金融機関利用履歴は個人信用情報機関というところで情報が保管されており、氏名や年齢、職業はもちろんのこと金融利用履歴というのもしっかりと保管されています。
また、1本化を考えずにそれぞれの金融機関に個別に返済していこうと考えている場合はそれだけローン借金返済のシュミレーションが立てにくくなるので事前にしっかりと返済計画を立てて借り入れをすることが大事です。
消費者金融会社からお金を借りる場合は総量規制により年収の3分の1を超えての借り入れができなくなりますが、複数の金融機関からお金を借り入れている場合は借り入れ総合額の3分の1になるので注意が必要です。

 

上手な返済方法

ローンの返済は金利も付加されるので毎月の返済だけでは元本がなかなか減らず、完済まで時間がかかるので少しでも完済までの期間を短くして利息の支払いを減らして完済を目指したいものですが、お金を借りているという性質上から余分なお金がある場合は少ないので限られた毎月の収入源からいかに上手に返済していくかということがローン借金返済での大きなポイントになってきます。
完済までの日数を短くするためには繰り上げ返済方法をしていくのが一番の手段ですが、闇雲に繰り上げ返済を行っていると手元にお金が残らず結果新しく借り入れをしてしまうことになり返って借金を増やしてしまう恐れもあります。
完済に向けて負担をかけずに返済して行く方法としては、毎月決められている返済額に一定額を上乗せして返済する方法で利息分だけでもいいので余分に毎月返済することで確実に元本が減っていくので完済に向けて着実に進んでいくことになります。
また、カードローン返済の場合は必要以上のお金は手元になるべく残さないようにするのも上手に返済する方法の一つで、手元にあるお金には金利はかかりませんが、借りているお金に対しては日に日に金利がかかっているのでできるだけ手元のお金はローン返済に充てる方がよいでしょう。
他の金融機関から新しく借り入れをするのは厳禁で借りたお金を借りて返済していくことで多重債務につながっていくので無理なく一つの金融機関内で完済に向けて返済していくようにしましょう。

-債務整理

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.