嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

借金整理の基礎知識

投稿日:

債務整理になってしまったら

サラリーマンにせよ、自営業の人においても何しか金融機関からローンを受けて借金をすることには、かなりのリスクを負うことになります。サラリーマンの人であれば、バブル崩壊とリーマンショック以来、会社の倒産件数は増加の一途をたどっているだけでなく、極度のインフレによるものの価値が下がり過ぎてしまっているために、ものを生産するほど経営が赤字になるという不条理に陥っています。会社としても会社を存続させるため思い切ったリストラに踏み切るため、終身雇用は過去の話となり、いつ誰でもリストラになる可能性を秘めているのです。同様に自営業者においてもインフレ経済の影響は大きく、コスト削減を強いられるだけでなく、値下げ競争により儲けがでない自営業者が多くなっています。このため、妻に内緒でキャッシングでお金を借りたものの、リストラや会社の倒産などにより返済ができなくなり、借金苦に陥る人も少なくはありません。妻に内緒で借金を作って困ることは、返済が滞ったときに返済の督促が入ることで借金があったことがバレてしまうのではと心配となってきます。さらには、返済の目途が立たないことになれば、間違いなくお金を借りた金融機関から督促の電話や自宅に取立てに来ることは間違いなく行われるものとなりますので、返済の目途が立たないようであれば債務整理の準備にとりかかったほうが無難となります。債務整理するうえで、どのような方法をとるのが良いのか、自分で悩むよりは弁護士や認定行政書士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

債務整理の種類とその方法

債務整理は、自己破産と勘違いする人も多く、特に妻に内緒で借金をしている人においては債務整理の借金苦に加えて、妻との離婚の危機に陥るのではないかの二重苦に借りたたれてしまいます。債務整理は、借金の返済が滞ってしまったために、お金を貸した金融機関と今後の借金の返済方法に関わる相談を行うことになります。債務整理となると、お金を貸した金融機関との話し合いの日時や場所などの連絡が入ることになりますので、自宅ではなく自分の携帯電話にかけてもらうようにしておけば、借金があることも債務整理になってしまったことも妻にバレることなく、債務整理を進めることができることになります。ただ、これが通用するのは任意整理とよばれる債務整理の方法となります。任意整理による債務整理は、債権者となる金融機関と債務整理となってしまった債務者の当事者が、直接返済方法や利息の減額などについて交渉を話し合いにより和解を行うものになります。任意整理の場合、自分で処理することもできますが、弁護士や認定司法書士に依頼することで有利に事を進めることができることもあります。この他の債務整理の方法として、裁判所の仲介を求めて行う特定調停があります。特定調停による債務整理は、基本的には任意整理と同じことですが、裁判所が仲介として入ることになります。このため、裁判所に出廷する告知文書が自宅に届くことになり、妻に借金があることや債務整理となってしまったことが知られてしまう確率が非常に高くなります。

 

債務整理に陥りやすい融資は

誰しも好き好んで借金を重ねることはありませんが、ただ借金は麻薬と同じようなもので1度借金をすることで、もう一回だけならなんとかなるという気持ちがだんだん強くなっていくことが多いのではないでしょうか。住宅ローンやマイカーローンなどの銀行の融資と呼ばれる借金の場合、金額が大きく融資する目的のものも大物が多いため、さすがに妻に内緒で借金をすることは不可能に近いものがあります。しかし、銀行などのカードローンや消費者金融のキャッシングに至っては、手軽にお金を借りられるだけでなく、その使い道も自由に使うことができるため、後を残さずに借金のお金を使うことができるものとなっています。このため、比較的容易に妻に内緒でカードローンやキャッシングでお金を借りて借金することができるようになっています。特に最近流行りの銀行などがサービスするカードローンは、キャッシュカードと同様に銀行ATMからお金を引き出すのと同じようにお金を借りることができるようになっているため、自分のキャッシュカードを使って口座からお金を出金しているのと同じ感覚になってしまうようです。このため、最初は借金をすると言う感覚でためらっていても、何度かカードローンを利用する毎に借金をしていることを失念してしまうようです。また、カードローンの多くはインターネットでのキャッシングが可能となっていますので、利用明細などが自宅に届くこともありまんので、妻に内緒で借金することも容易となっています。

 

融資の金利について

金融機関からお金を借りるうえで、重要なポイントとして金利があります。いくらお金を借りることが簡単にできたとしても、その金利が高いものとなっていた場合に後々の返済の金額が高いものとなってしまい、日々の生活を圧迫する羽目となります。特に妻に内緒で借金する場合においては、金利は非常に重要なことになり、金利の僅かな差で自分の少ない月々の小遣いがどれだけ返済額から差し引いて残るかに関わってきます。当然、お金の借りやすいことからキャッシングを使ったことはよいが、金利が18%もあれば借りたお金の額にもよりますが、結構な利息額となってしまい、小遣いが目減りする羽目となります。小遣いが少なくなれば、外食で昼食をとっていたのが、弁当に切り替える人もありますが、妻に借金があることを感づかれてしまう可能性も出てきます。カードローンやキャッシングでお金を借りるときの鉄則は、少しでも低い金利のものを選ぶことと、いくらまで借りることができるかではなく、いくらまでなら自分の収入で返済ができるかを考える必要があります。ましてや、妻に内緒で借金をするとなれば少ない小遣いの中から、いくらまでなら返済額としてあげられるかを十二分に検討する必要が出てきます。このことは、返済ができなくなってしまい、債務整理に陥らないためにも非常に重要なことになってきます。借金の金利を軽く見たがために債務整理に陥ってしまい、妻に内緒の借金があることや、その借金で他の女性に貢いでいたことが全てバレてしまったことは数ほどあります。

 

借金に関する法理規制

預金や定期、為替、融資など金融取引に関する法令や規則がしっかりと整備されているなか、個人向け融資のキャッシングに関しては、法令が定められたのはつい最近のことになります。キャッシングが誰でも手軽にお金を借りることができていたのは、ある意味、法令名などによる規制がなかったために、資金さえあれば貸金業者を営業することは誰にでもできることになります。このため、妻に内緒でお金を借りたい人にとっては、簡単な手続きで借金ができるサラリーマン金融はうってつけのものとなります。しかし、キャッシングに法令による規制がなかったために、お金を貸す側も悪質な高金利などで貸付する業者が続出したことや、借りる側もキャッシングに頼りすぎてしまう人が後を絶たなくなり、多重債務者を社会に多く生み出すことになってしまいました。このような中、平成9年に本格的にキャッシングの規制する法令が整備されることになり、これが俗にいう改正貸金業法になります。貸金業法により、今まで簡単にキャッシングできていたものが、ひと手間かかるように改正されました。手続きの中でも厄介なのが、本人の所在確認として自宅または勤め先に電話がかかるというものになります。本人の所在確認は原則、携帯電話は使えないことになっているため、自宅または勤め先の電話にかかってくることになり、妻に内緒で借金をすることがバレてしまうことになりかねません。大抵の消費者金融は、妻に内緒であることを告げでおけば、担当者の個人名で電話をかけてくることになりますので、友人か会社の同僚ということにしておけば大丈夫でしょう。

-嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.