嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

任意整理で借金整理

投稿日:

任意整理とは

任意整理は、その名の通りお金を貸した金融機関とお金を借りて、債務者の本人と今後の返済方法や利息の減額などを話し合いにより和解を求めるもとなります。任意整理は、法的な措置によるものでないため、あくまでも当事者同士での話し合いによるものとなりますので、もし、妻に内緒で借金をして返済の見通しが立たなくなる前に、任意整理を申し出るとよいでしょう。というのも、借金の返済が滞ることになると必ず返済の督促の電話や手紙が送られてくることになります。金融機関も日中業務をしていますので、督促も日中電話をかける場合があり、借金をした本人が不在となり妻がその電話や督促の手紙を見てしまうことになり、妻に内緒の借金が瞬く間にバレてしまうことになります。最近は、携帯電話に掛けることも多くなっていますが、日中仕事中にそう何回も携帯電話に出られるわけではありませんので、いずれにしても自宅に督促の電話が入ることになってしまいます。督促の回数も、借金返済の延滞回数が多くなればなるほど、督促は厳しくなり最初は女性の優しい口調での督促が、しまいには強面の男性声で強い口調での督促となり、そのような電話に出てしまえばどのようなことになるかは、創造に絶するものとなるでしょう。こうなる前に、任意整理による債務整理の申し出を行うことで債権者の金融機関は、返済の一時停止と督促の停止を行うことになります。もし、任意整理を弁護士や認定司法書士に依頼することになれば、より確実な措置を施すことができるものとなります。

 

任意整理の方法

任意整理による債務整理は、特に手順や規則が定められているものではなく、当事者同士の話し合いの中で和解するものとなります。しかし、立場的にはお金を貸した側の金融機関が強いものとなるのと、これまで何回もの債務整理の経験があるため初めて任意整理を行うものにとってはそう容易いものではありません。しかも相手はこの道のプロを相手に交渉を進めなければならず、どうしても金融機関の言うなりに事が進むことが多くあります。ましてや、妻に内緒の借金となれば、余計立場が悪くなるのは目に見えており、悪質な業者や担当者となると妻に内緒の借金をしていることを配偶者に話すことを持ち出し、有利に事を運ぼうとすることもあるようです。任意整理による債務整理に一人で臨む場合は、ICレコーダーなど交渉の記録を残しておくことが重要となります。任意整理による交渉が決別してしまった場合、次の特定調停に持ち込むときの重要な証拠物件となります。任意整理の場合、できれば一人で対応するのではなく、費用はかかりますが弁護士や認定司法書士に依頼するのが得策とも言えます。弁護士や特定司法書士を正式な代理人として公にすることで、お金を貸した金融機関は、任意整理の開始とともに代理人となった弁護士か認定司法書士と全てをやり取りすることになりますので、妻に内緒の借金であることが知られることなく、事を運ぶことができるようになります。また、弁護士や認定司法書士にも妻に内緒の借金であることを打ち明けることで、最善の策を施してもらえるでしょう。

 

任意整理による債務の減額

任意整理による債務整理は、まず債務者本人が今ならいくらなら返済ができるのかを示す返済計画を作成したうえで、現在の収入状況などを提示し、お金を貸してくれた債権者の金融機関との交渉に臨むことが一般的な手続きとなります。しかし、妻に内緒の借金となると、そう簡単にはいかなくなってしまいます。収入はある態度あることになっていますが、財布は妻が握っているため自分の小遣いでの返済にはそもそも最初から無理があったことになります。ただ、お金を貸した金融機関側からすれば債務者の事情は関係ないことになり、会社が倒産したりリストラで職を失ったがために収入が絶たれてしまったのであれば、政府からも猶予を求める勧告が出ていますので、温情と相まって返済の延長などの相談も受け入れられることがあります。しかし、収入があるのにもかかわらず、しかも妻に内緒の借金ということになれば、お金を貸した側からすれば身勝手な理由に過ぎないことになります。妻に内緒の借金で債務整理に陥った場合は、自分で処理することはかなり不利になることは目に見えていますので、費用は多少かかりますが穏便に事を進めることを望むのであれば、弁護士や認定司法書士に依頼することをお勧めします。弁護士や認定司法書士による任意整理を行う場合は、まずは返済期間の猶予と利息の減額を交渉したうえで、返済計画案を提示することが多くあります。ただ、金融機関も黙ってはいませんので、債務者の収入や資産の提示を求めてくる恐れがあります。

 

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は法的な措置を伴わないため、公になることなく債務整理を進めることができるものとなっています。特に、妻に内緒の借金で債務整理となってしまった場合では、なおさら内密に事を運びたい気持ちになるのは誰しも同じことではないでしょうか。任意整理は、法的な措置を伴わないと言っても公式な債務整理の方法として認められていますので、しかるべき手続きを踏む必要があります。やみくもに債権者の金融機関に泣きついたところで、妻に内緒で借金して債務整理となっても身勝手な行為として相手にされないばかりか、自宅に返済の取り立てを行われて、ついには妻に借金があることがバレてしまい、借金苦に加えて家庭騒動を巻き起こしてしまいかねません。任意整理のメリットである公にせずに債務整理を進めたいのなら、弁護士や認定司法書士に依頼したうえでしかるべき手続きを行ってもらうほうが無難と言えます。ただ、妻に内緒の借金で債務整理となってしまったことが債権者の金融機関側に知られると、いくら弁護士や認定司法書士に依頼したとしても、かなり不利な立場になることは避けられません。任意整理は、返済期間の猶予を行ってもらう変わりに、自分の資産の一部を提示することが多くありますが、妻に内緒の借金ともなれば、自動車などの資産を任意整理の担保として差し出すことになれば、すぐに妻に感づかれてしまうことになります。ただ、返済が危なくなる寸前に任意整理を申し出ることで、取り立てや督促を一時停止してもらうことが可能となります。

 

任意整理で妻に内緒の借金を整理するには

妻に内緒で借金をしたものの毎月の小遣いからの返済には限界がくるのは、最初から分かっていたとして自分がまいた種なので、借金をなんとかしたい気持ちにたかられるのは誰しも同じことになります。妻に内緒で後ろめたい借金をして一番困るのは、返済が滞ったときに、お金を借りた金融機関から督促の電話や手紙が自宅に入ることになります。こうなってしまったら、後の祭りで妻に本当のことを打ち明けるほうが無難となることになってしまいます。大抵の金融機関は、1回目の口座振替で不能となると2,3日でお金を借りている金融機関から確認の電話が入ります。ただ、このときは携帯電話にかけてくることが多いので、日中でも携帯電話に出られる人であれば問題ありませんがそうでないと、自宅に電話をかけてくることになるため専業主婦の妻であればそこで内緒の借金があることがバレてしまいます。最近は、メールで振替不能の通知を行うサービスが増えていますので、こうしたメールサービスを十二分に活用することで不測の事態に対応することができるものとなります。妻に内緒の借金の返済が困難となりそうなときは、いち早く任意整理による債務整理を行うことをお勧めします。返済が滞ることになれば、いつかは自宅に督促の電話か担当者が訪問してくることになります。こうなる前に、弁護士か認定司法書士に相談をして任意整理の手続きを進めることが得策と言えるのではないでしょうか。

-嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.