嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

自己破産は妻に内緒の借金を整理できるか

投稿日:

自己破産とは

自己破産は、お金を借りたが返済に行き詰り、お金を返すことが困難となった場合に行う債務整理の方法の一つとなります。自己破産と聞くと人生の終わりをイメージする人も多く、良いイメージではありません。しかし、借金苦で悩んでいる人にとっては、自己破産は最後の砦となるもので、人生の再出発となるものとなります。自己破産は、任意整理や特定調停による債務整理での和解の糸口を探る努力もむなしく、返済の目途がたたないことから自己破産の手続きに踏み切ることが多くあります。自己破産の手続きは、特定調停と同様に居住する地方裁判所に対して自己破産の申し立てを行うことで、手続きが行われます。ただ、すぐに自己破産の申し立てが受理されることではなく、担当する調停員の聞き取り調査を行ったうえで、自己破産の申し立てが正式に受理されることになります。ただ、妻に内緒で借金をして自己破産による債務整理となった場合は、事が大事になる可能性があります。自己破産が正式に受理されると、持ち家の場合、土地や家屋(マンションであれば個人所有の所)、自動車などの資産が裁判所に差し押さえとなるため、妻に内緒ではいられなくなってしまいます。ましてや、土地や家屋が妻との共同名義となっている場合、さらに話がややしいことになってしまいます。旦那が妻に内緒で借金を自己破産となっても、その影響を及ぶことはありませんので安心してよいのですが、ただ共同名義になっている資産については按分となる可能性があります。

 

自己破産の方法

自己破産は、自分で自己破産ですと言っても、お金を貸した債権者の金融機関は相手にしてくれないどころか、厳しく取り立てることになり相手を逆なでするだけとなります。ましてや、妻に内緒の借金で自己破産による債務整理となると、相手も容赦なく取り立てに来ることになり、いずれは妻に内緒の借金があることがバレてしまうことになります。借金の返済がどうしても行き詰まり困難となった場合、居住する地方裁判所において自己破産の申し立て手続きを行うことになります。裁判所に自己破産の申し立てを行うことで、裁判所はお金を貸している債権者の金融機関に対して、債務者が自己破産の申し立てに入ったことを通知するとともに、借金の返済と取り立ての一時中止の命令を下すことになります。これにより、債権者の金融機関はお金を貸した債務者に対して一切の取り立てや督促が出来なくなりますので、妻に内緒の借金であればなおさら必要なこととなります。裁判所は、担当する調停員が割り当てることになり、調停員は債務者の財産状況を調べたうえで、借家など資産がないこととなれば、資産の排除が解除されることになります。このままでは、債務が残った状態となりますので実際には借金の帳消しの宣誓を行い、すべての借金を帳消しとすることになります。妻に内緒の借金であっても、裁判所からの連絡は携帯電話とすることで内々に事を進めていくことができるものとなります。ただ、最終の決定となる判決分は郵送で自宅に送られてきますので、妻に内緒の場合は要注意となります。

 

自己破産と借金の帳消し

自己破産の申し立てが裁判所に受理されたことにより、ここで初めて債務整理に入ることになります。自己破産による債務整理は、全て裁判所の指導のもとに行われ、まずはお金を借りた債務者の土地や家屋、自動車などの資産を裁判所が差し押さえたうえで、競売にかけられることになります。そして、競売にかけて落札されたお金を債権者の金融機関に貸し付け残高に応じた額で分配されることになります。ここで、分配された額で全てが返済できれば全く問題はありませんが、そこまで資産がある人であれば自己破産となる前に、資産を売却して借金の返済に充てるでしょうから、大抵の場合においては借金が残ることになります。このため、自己破産となっても借金が残ることになり、裁判所から自己破産の判決がなされて閉廷となったときから、再び債権者の金融機関から取立てが始まることになります。実は、自己破産の手続きにはもう一つ手続きがあり、借金の帳消しを宣誓することで債務整理による借金の残金全てを帳消しとすることができます。この場合、保証人を立てている場合は、その影響が保証人に及ぶことになり債務者の負債の残額全てが保証人に取立てが行くことになります。ここで、妻に内緒で借金をしてしかも妻に内緒で妻を保証人としていた場合、妻に取立てが行くことになってしまいます。ただ、カードローンやキャッシングのように無担保・無保証人の場合においては、借金の帳消しによる影響はありませんので借金苦から解放されることになります。

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産と聞くと社会的に悪いイメージが強く、なかには代々までの恥と大袈裟にいう人もあるようですが、現在、経済界のトップの中には自己破産に陥ってから日本だけでなく、世界でも屈指の企業に這い上がって人は何人もいますので、自己破産事態に悲観的になることはないのではないでしょうか。借金の返済が困難となり返済が滞ることになると、お金を借りた金融機関から返済の催促や督促が入ることになります。現在は、法律で暴力的な発言についても罰せられることになっていますので、無茶な取立てを行う金融機関は少なくなっていますが、それでも毎日のように取立ての電話や実際に自宅や勤め先まで取立てにやってこられると気まずくなってしまいます。ましてや、妻に内緒で借金をして自己破産の債務整理となったことがバレてしまうことになれば、家庭崩壊につながってしまう可能性もあることになります。借金の返済の見通しが立たないばかりか、売却できる資産もないということであれば、地方裁判所に自己破産の申し立てを行うことで、取立てを中止するよう裁判所からお金を借りている金融機関に対して命令してもらえることになります。これにより、お金を借りている金融機関からの取立ては止まることになり、平穏な暮らしができるばかりでなく、妻に内緒の借金もそのまま内緒で通すこともできるものとなります。ただ、土地や家屋などの資産がある人の場合、裁判所から差し押さえとなるため、引っ越しを余儀なくされますので、妻に内緒ではいられなくなってしまいます。

 

自己破産で妻に内緒の債務を整理するには

妻に内緒で借金をしたものの、自分の小遣いからの返済ではいずれ行き詰まることは最初からわかっていた人もあるのではないでしょうか。そこで、仕方がなく無理やり理由をこじつけて自分の給与口座からの振替返済にする人もありますが、このことが後々後悔を招く要因の一つになるのです。妻に内緒で借金をする人の多くは、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用することがほとんどでないでしょうか。しかし、カードローンもキャッシングも手軽にお金を借りることができるものとして、非常に便利なものとなっていますが、使い方を誤ると後で後悔をすることになります。カードローンやキャッシングは、その便利さが故に麻薬と同じで一度でも利用するとお金が必要なときに頼ってしまう傾向にあります。ましてや、返済口座を給与口座からの引き落としとなればまだ大丈夫という気持ちが強くなり、気が付いたときには返済ができないほどの借金となっていることがあります。妻に内緒で借金をしているのであれば、返済が滞る前に自己破産なりの債務整理の手続きを進めることをお勧めします。借金の返済が滞ることになればねお金を借りている金融機関からの取立てや督促が入ることになり、いずれ妻に内緒にしていた借金がバレてしまうことになります。自己破産の手続きの際には、裁判所からの連絡は全て携帯電話とし、裁判所からの連絡には何があっても電話に出られるか折り返し連絡を入れるようにしておく必要があります。

 

-嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

Copyright© パチスロに熱中しすぎて借金など/カジノ , 2018 All Rights Reserved.